TOP >  九州電力エリアに朗報!出力制御低減開発システムに補助採択!30万kW容量増加見込

九州電力エリアに朗報!出力制御低減開発システムに補助採択!30万kW容量増加見込

2018年3月7日一覧に戻る

九州電力が出力制御量を減らすために行っているシステム開発が、経済産業省の補助事業に採択されました。

今後は九州エリアから他エリアへの送電量を増やし、再生可能エネルギーの出力制御量を低減させる方向であり、そのために必要な「転送遮断システム」の開発を進めることになります。

開発事業で再エネの送電可能量がUP!
注目を集める転送遮断システムとは?

同開発事業への補助金は、九州電力が応募していた経済産業省の補助事業「再生可能エネルギー出力制御量低減のための技術開発事業」によるものです。

補助金の交付を受け、「関門連携線の再エネ送電可能量拡大に向けた技術開発事業」の実施が決まり、九州と中国地方の送電網を結ぶ 関門連系線における再生可能エネルギーの送電可能量を拡大することになりました。

今後同開発事業では、次の3つの内容について開発・検証をしていくことになります。

・「転送遮断システム」の開発
・自然変動電源の制御対象としての実効性検証
・IoT技術を活用した通信システムの実効性検証

「転送遮断システム」は、IoT技術などを利用し、必要制御量をリアルタイムで計算して、遮断する対象発電所を瞬時に決定することが可能で、関門連系線で事故が発生した際に、瞬時に系統から遮断することができるようになります。

今後同システムは自然変動電源も制御対象として開発を進め、その実効性を検証。これにより、九州~中国間の連系線である関門連系線を通じて中国エリアへ送電量を増やすことができるようになる 見込みです。

九電の姿勢から感じられる
抑制エリアの安心未来図

今回の開発事業の発表から感じるのは、九州電力の姿勢です。

発電事業者は電力会社から出力制御の要請があった際はそれに応じる義務がありますが、だからといって 電力会社もそのような状況を無理に強いようとは考えていないということが、今回の取り組みからも伺えます。

せっかく日射量の多い九州電力管内
積極的に太陽光発電事業を

もともと九州は日照量も多く、太陽光発電に適した地域です。
そのため同エリアでは太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入が急速に進んだエリアとも言えます。

結果、九州電力管内の発電所は抑制対象エリアとなり、事業主にとっては出力抑制の要請時に対応する義務が発生しました。

そんな中発表されたのが、今回の九州電力の開発事業への取り組みです。
これにより九州での太陽光発電事業に対する大きな安心材料が見えてきました。

今回ご紹介した事業に限らず、電力会社は発電事業者が安定的に事業を行えるように様々な努力をしてくれていますので、九州電力管内での発電事業をご検討中の方も安心して始められるでしょう。

抑制エリアにプラスの安心、
お任せ隊の補償制度について

事業主様の「安心の土台」を作るのは、電力会社の努力だけではありません。
私たち『太陽光設置お任せ隊』では、設置業者として皆様に安心いただける制度づくりを進めております。

中でも九州・四国エリアのお客様に高い支持をいただいているのが、出力制御補償です。

当社の九州・四国向けの補償には、次のようなメリットがあります。

3つの補償で九州・四国地方の発電事業をバックアップ

災害や出力抑制の心配なく発電事業を行っていただくため、

災害補償(標準装備)+売電収入補償(オプション加入 ※)+出力制御補償(オプション加入 ※)

と、3つの補償を付けていただくことが可能です。

※オプション加入の条件として、当社の月額メンテナンスプランへの加入をお願いしております

免責時間がゼロ!損失分は全て補償されます

当社の出力制御補償には「補償金額の免責時間が無い」という大きな特徴があります。

電力会社は、出力制御による損失を補償してくれません。
これは、系統連系契約の制御規約に含まれる内容です。

そこで、任意加入の出力制御補償というものがあります。
様々な会社がプランを作成しておりますが、
大抵のところが 【一定の免責時間を経過して以降の制御損失を一定金額まで補償する】 というものになります。

例えば、免責時間が年80時間と設定されているプランがあります。
その年、出力制御が100時間行われた、というケースでは 100時間(制御時間) - 80時間(免責時間) = 20時間(補償対象) となり、計算で出た残20時間分の損失が補償されます。 (上記のシミュレーションで換算すると 20時間=約15,304円分)

つまり、出力抑制を受けても、一般の補償プランであれば免責時間の損失分は補償されないということです。

しかし、当社提携の保険会社から≪免責時間のない≫画期的な出力制御補償のプランが登場。これにより当社のプランでは免責時間の心配をする必要がなくなりました

→ 免責時間ゼロの出力制御補償について詳しく見る

金融機関に対してのアピールになる

「出力制御の補償」に入っておくことは、金融機関の融資を受けるときの審査に有利に働く、ともいわれています。
出力制御補償をお付けいただくことで、このようなメリットにも期待することができるようになりますので、当社のような強力な補償をお付けすることをおすすめします。

抑制エリアでも、一切の不安なし!
ぜひ当社をお選びください

このように当社では、出力抑制エリアのお客様のために、他ではなかなか見受けられないような補償体制を整えております。

電力会社の努力と、設置業者である当社の努力によって、抑制エリアでの発電事業も全くおそれることなく行うことが可能です。

九州や四国で太陽光発電をお考えの方は、ぜひ安心して当社にご相談ください。

九州・四国電力 出力制御についてのご相談

お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置予定住所 (設置場所がお決まりの方はお書きください)
設置予定場所の図面または公図
(設置場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もり・他社でお作りになった図面がございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積り・図面をお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6534-1416


一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 中古・分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 施工事例 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 風力発電 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法 大阪府低利融資
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る