【改正FIT法】FITと電力小売自由化が関係強化


TOP >  【改正FIT法】FITと電力小売自由化が関係強化

【改正FIT法】FITと電力小売自由化が関係強化

2017年3月17日一覧に戻る

改正FIT法の最新変更点はこちら>>> 9/12更新
みなし認定の最新状況はこちら>>> 9/12更新

——————–

昨年2016年4月より、一般家庭による電力小売自由化が始まりました。

電力小売り自由化というのは、これまで東京電力や関西電力といった地域の電力会社からしか電気の購入契約ができなかったものが、市場に一般の電気事業者が参入可能となり、電気の購入者もそれらを自由に選べるようになるということです。

電力小売り自由化の最初は2000年まで遡り、「特別高圧」という大型施設電力使用者から電気の購入先を自由に選べるよう市場開放されました。

その後2004年から2005年にかけて「特別高圧」よりも少し小規模の「高圧」クラスも電力自由化が広がり、2016年の「低圧」と呼ばれる一般家庭が利用している電力規模でも電気の購入先を自由に選べるようになり、電力の売買は”全面”自由化となりました。

この電力小売自由化の為に新規参入した電気小売事業者を『新電力』などと呼んだりもします。

新電力と改正FIT法との関連

再生可能エネルギーの設備認定を設計する改正FIT法と、電力小売自由化。一見別々に進んできた政策に思えますが、将来的には同じ一つの目標に辿り着きます。

それは、再生可能エネルギーを国の機関電源の一つに加えたいということです。現在、日本国内では原子力発電のほとんどが停止しており、火力や水力といったその他発電方法の比重が大きくなっていること。

すると、大量の燃料が必要となりますから輸入費用も増大します。また二酸化炭素の排出量も増え、京都議定書、パリ協定、伊勢志摩サミットと環境保全の為二酸化炭素排出量の削減を他国に説いてきた日本の意見から外れることにもなります。

そして、ガスも石油も石炭も有限資源であることから、いつか訪れる枯渇の問題に備えなければならないこと。エネルギー資源を輸入に頼り過ぎることは、国防にも関わってくることなどが背景に挙げられます。

緊急性を高めた “3.11”

また、近年最も再生可能エネルギー事業拡大の必要性を押し上げたのは、2011年3月11日に起こった東日本大震災です。災害時にも途切れないライフラインの重要性を多くの方が共有しました。

太陽光発電に始まる再生可能エネルギーは、将来的に一般家庭へ広く普及することを目的とされています。電力会社という特別な施設からしか電力を受け取れないから途切れることがあるのであって、全ての家が自家発電設備を備えていればもしもの時にもどこからでも電気を得ることができます。

電気があれば灯りがつき、お湯を沸かし、携帯電話の充電や家電も滞りなく使えます。各家庭で電力の自給自足を行える、また複数の住宅グループで電力の融通をしあえる、それらが寄り集まって地区単位、都市単位が強固な電力ネットワークを構築する。

スマートハウス、スマートシティといった構想を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

固定価格買取制度(FIT法)というのは、その目標を見据え、再生可能エネルギーの普及を促進するために設立された制度です。

そして電力小売自由化は、全国十電による独占市場を開放しより小さな単位での電力売買が行えるようにするためと、再生可能エネルギーの電力市場の拡大のために進められてきました。

この度の改正FIT法では、その二つの制度の融合が具体的に示されています。

設備認定&電力会社の名称変更

新年度から始まる改正FIT法では、設備認定が「事業計画認定」へ、電力事業者(電力会社)は「配送電事業者」と名称を変更されました。

もちろん名前だけでなく中身も変わっているのですが、東京電力や関西電力といった全国十電と呼ばれた電力会社は、今後、以下の三つの役割に分離されます。

「電気を作る(発電)」「電気を運ぶ(配送電)」「電気を売る(電力小売)」
※東京電力のみ「原子力発電所の撤去」が加わる四分離となる。

電力会社から「配送電事業者」への名称変更は、その前準備ということです。

更に今後、発電・配送電・電力小売には市井の企業が新規参入することも可能となりますから、これまで全国十電と呼ばれた電気会社は「一般配送電事業者」と区別されます。

再エネ発電所オーナーも電力事業を担うということ

さて、電力会社の三分離の内に「電気を作る(発電)」があります。

もうお気づきかと思いますが、政府は再生可能エネルギーの発電所はこの電力事業の一部と捉えているのです。

設備認定から変更された「事業計画認定」というのは、FITを受けて運用している発電所は電力インフラの一部になるので、きちんと事業として全うできる計画かどうかをチェックするということなのです。

そして、電力会社三分離の一つとして、嘗ての電力会社が行ってきた業務内容を踏襲しなければならなくなります。

電力会社は電気の需給量を同じにしなければならないという義務があるのですが、「配送電事業者」へ電力を送る発電所も自分の施設から毎日の発電量を予測レポートにして提出し「配送電事業者」の義務に協力しなければなりません。

予測というのは困難に思えますが、発電シミュレーションや天候データから自動算出するようなシステムが提案されるのではないかと言われています。

しかしそのためには、発電所の発電量と「配送電事業者」が供給している電力量を正確に測る必要があります。

そのために、電力会社(一般配送電事業者)と政府は、スマートメーターの設置普及にも取り組んでいます。

2019年にかけてスマートメーターの普及が急務

スマートメーターは、言ってみれば電気の計測メーターです。

毎月の電気料金を計測するため電力会社の検針員がチェックしにくる皆さんのご自宅にもついているあのメーターと、半分役割は同じです。

というのも、これまでの電気メーターというのは一方向にしか計測ができないものでした。大抵のご家庭は電気を買うだけですから、電力会社から受け取った電気を計測するだけの機能です。

例えば自宅に発電能力を持って電力会社に電気を送ろうと思ったら、送る用のメーターが必要です。

変わって、スマートメーターは一つだけで電力の需給を同時に計測できる機器です。

太陽光発電のように日が昇ると勝手に発電してしまう不規則な発電所から送られる電量と「配送電事業者」が供給する電量を読み取り、バランスコントロールをする仕組みには欠かせません。

これまでも、電力小売自由化に際し新電力と契約を結んだ方には、費用負担なく電力会社がメーターの取り換えを行ってくれました。

そして今後、新規で設置される再生可能エネルギー発電所には、漏れなく電力会社(一般配送電事業者)がスマートメーターを取り付けていきます。

既設の発電所はオーナーから電力会社(一般配送電事業者)へ希望を出すことでスマートメーターの取り付けを行ってくれます。※費用負担はありません

電力会社(一般配送電事業者)の三分離が完了次第、発電所にはスマートーメーターが必須となってきますから、早めに対処をした方が良いでしょう。

改正FIT法に関する用語解説はこちら>>>

改正FIT法のお手続きもお任せください

太陽光設置お任せ隊なら、21円太陽光も高利回り低費用で設置可能です!
複雑な手続きについても、ご不明な点があればお気軽にお問合せください。

当社では、経済産業省からの告知についてメーカーや商社と常に最新情報の共有をしており、改正FIT法の申請も万全サポート致します。

フェンス、O&Mにも対応1kW16万円台からの特別価格! 利回り15%もまだまだ可能、お任せ隊のプレミアムプランを是非一度お見積り下さい。

一覧に戻る

Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.

ページトップへ