メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  パワコンメーカーの対応急務?「電圧フリッカ」

パワコンメーカーの対応急務?「電圧フリッカ」

一覧に戻る

画像12017年04月07日、九州電力ホームページに「九州電力供給エリアでの電圧変動の発生について」という記事が更新されました。

■九州電力「九州電力供給エリアでの電圧変動の発生について」
http://www.kyuden.co.jp/supply_notice170407.html

「電圧フリッカ」という現象が起こっており、原因が急増した太陽光発電所のPCS(パワーコンディショナ)の設定によるものであること。

という内容の記事になっています。


「電圧フリッカ」はどんな現象?

この記事の内容によると、太陽光発電による系統連系へ電力接続が増えたことにより、太陽光発電からの電力流入が増える晴天時、且つその地域の電力利用が少ない時期の日中に照明が明滅したりチラつきをみせる現象が発生しているとのことでした。

これは「フリッカ現象」と呼ばれるもので、嘗ては工場や専門施設で電気炉やMRIといった大型で大量の電力を消費する機器を稼働した場合、その施設内あるいは周囲への影響があっても局所的に起こるとされていた現象でした。

それが、近年は各所に太陽光発電所が設置され、それぞれの発電所との電力バランスが崩れたために発生しており”広範囲”に被害が出ているのが特徴です。


原因はパワコンの設定によるもの

広範囲に影響する「電圧フリッカ」が発生する原因は、太陽光発電所それぞれに設置されているPCS(パワーコンディショナ)だと九州電力は明らかにしています。

これは、メーカーや設計に問わず、「単独運転検出機能」というものがついたパワコンを使用していて、その機能をONにしている場合。

更に、機能の中で一定の設定をしていると「フリッカ現象」を引き起こしやすくなるとのことです。


「単独運転検出機能」とは?

「電圧フリッカ」を引き起こしやすい「単独運転検出機能」についてご説明いたします。

まず、[単独運転]とは何か、九州電力ホームページの記述を引用致します。

——————-
事故等により電線路が停電している状況で、太陽光発電等の発電設備から電線路に電力を供給している状態を単独運転といいます。

参照:九州電力ホームページ「発電事業者さまへ設定変更のご協力のお願い」
http://www.kyuden.co.jp/supply_notice170407_02.html
——————-


尚、[単独運転]の状況は事故などで本来停止していなければならない電線に電気が通ったりし感電の危険性があるため禁止されている状態です。

つまり、「単独運転検出機能」とは、電線や太陽光発電システムのトラブルにより通電が[単独運転]になっていないかをチェックし、状態が検出されると発電設備からの送電を停止する機能のことを言います。


対応方法

まず、この現象に対応するにあたり、パワコンを買い替えたり、新たな機器を購入する必要はありません。

また、現在の所この改善要請を出しているのは九州電力管内のみであり(該当者には個別で電力会社から連絡が来るとのこと)その他地域の発電所オーナーはひとまずすぐの対応は必要ありません。
※今後対応を求められる地域が拡大する可能性はあります

また、実際の対応に関しても、設置業者(あるいは設置業者が手配したパワコンメーカー)へ連絡しパワーコンディショナを電力会社から要請された設定へ変更してもらうだけとなります。

現在流通しているパワコンの中には、以前よりこの現象に対応しているものもありますので、そのような機種ですと人の手を加えることなく、遠隔でパワコンのソフトアップデートを行うだけで済みます。


パワーコンディショナのこと、相談してください

九州電力管内では「電圧フリッカ現象」とは別に、太陽光発電所における電力出力抑制対応のパワコンへの変更要請なども出ています。

現在は500kW以上の発電所への通知となりますが、いずれは低圧発電所もターゲットに入ってくると思われます。

出力抑制対応とは、その地域の発電所からの電力供給量が多い時、電力会社の判断により発電所からの送電を遠隔でセーブすることができる機能です。

近年の設備認定では、出力制御対応のパワコンでなければ認可が下りませんでしたが、古い認定になるとそのような機能のついたパワコン自体がなかった所もあります。

その場合は、電力会社からの要請にしたがい手動で発電所からの送電をストップするという契約内容になっているのですが、あまり現実的ではないと思います。

太陽光設置お任せ隊では新規設置時の機器相談、また稼働中発電所の出力抑制パワコンへの入れ替え相談なども承っております。

入れ替え工事を行わせていただいた発電所には、当社の20年施工保証を対応することも可能。また、新制度により必要となるフェンス、看板、O&Mもオールインワンでお任せ隊がご手配させていただけます。

太陽光発電でお困りのことがあれば、お気軽に当社までお問合せ下さい。


電話番号
フォームお申し込みはこちらから>>>

一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る