メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  電力小売自由化が始まります

電力小売自由化が始まります

一覧に戻る

2016年4月より、電力小売全面自由化が行われます。
制度の開始を目前に、少しずつ話題になってきましたが電力小売全面自由化とは何でしょうか?
私たちの生活にどのような影響があるのでしょうか?
基本的な情報をまとめてみました。


電力小売全面自由化とは?

電力小売りの自由化とは、消費者が電力の購入先を選べるようになる制度です。

これまで、電気の購入先というと東京電力、関西電力、中部電力といった各地区の特定企業としか契約ができませんでした。そこで、小売りの自由化が始まると、それら特定企業以外との契約が可能になります。

地域が対応しているなら東京にいながら九州の電力会社から電力を購入することが可能となります。都市電力会社だけではなく、新規参入企業もありますのでより多くの選択肢を得ることができるでしょう。

企業などの大口契約には既に自由化が始まっていましたが、この度住宅などの小規模消費者にも自由化が広げられるようになります。


電力小売自由化するとどうなる?

実際、電力小売自由化が始まると電力会社の選択肢が増えることになります。 現在の契約先より安いプランの会社、あるいはポイントや懸賞といった特典が豊富な会社、できるだけ環境に配慮した発電方法を選べるエコを推奨する会社など、ユーザー自身の希望によって最適な電力会社を選ぶことができます。

上記は例ですが、見通しとして電力会社契約は、固定電話回線のようにネットや携帯電話といった情報インフラとのパッケージ販売が多くなるのではないかと言われています。

携帯とネットと電力契約を指定会社でまとめると割引を受けることができる、というものです。しかしそれにより、2年継続契約や期間内解約には違約金が発生するなどといった、携帯電話契約に発生するような契約拘束事項もついてくると思われます。

自分に最適なプランを選べればお得なメリットを受けることができますが、内容を理解せずに適切でないプランを選ぶと余計なコストがかかってしまうという格差が生まれてきてしまう懸念もあります。(最適プランを見つけてくれるコンシェルジュというサービスも生まれてくるでしょう)

 現在の、皆横並びで同じ条件の同じ契約といった状況から、電力市場はより複雑になるのは間違いありません。


メリット

① 居住地以外の地域から電力を購入できる
② 価格、特典、エコなど自分のニーズにあった電力プランを選べる
③ 電力契約の変更から生活スタイルの見直しができる


デメリット

① 選ぶプランによっては今より料金が高くなる
② サービスの乱立によりプラン選択に知識が必要
③ その他インフラとの抱き合わせにより契約が複雑化


1月変更予約、4月自由化開始

電力会社の変更は、今年1月から既に変更予約が可能となっています。(予約受付可不可は企業によって異なります)

小売り全面開始となるのは4月から開始します。

電力の小売りを始める事業者一覧が経済産業省エネルギー庁HPにて公開されておりますので、気になる会社に事前に話をきいてみるのも良いでしょう。

 ■経済産業省 資源エネルギー庁『登録小売電気事業者一覧』
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/summary/retailers_list/


変更には何が必要?

電力会社の変更には、現在契約中の電力会社による検針票と申込者の本人確認書類が必要となります。

新たな電力会社に申込みを伝えれば、現在の電力会社への解約手続きは新たな電力会社が行えるようになっています。(個別の手続き手順については、お申込みの電力会社にお問合せください)

電力会社の変更を行うと、スマートメーターという計測機器の取り替えが必要な場合があります。スマートメーターの取り替えは基本的に無料となっていますが、場合によっては工事費用がかかります。

その他は特に変更なく、現在の使用設備(電線や電柱など)をそのまま利用していけます。


マンション、アパートなどの集合住宅でも変更できる?

集合住宅にお住まいの場合、電力会社が個別契約なら変更可能です。(一応、大家へ事前報告をすると良いでしょう)

ただし建物全体で包括契約されている場合、電力会社契約は管理会社が行っています。小売自由化にあたりどのような対応がされるのかは、お住まいの管理会社に問い合わせてください。


オール電化で効率の良い電力消費を

電力会社の見直しをご検討される方は、電気料金が下がらないかをまず始めに考えられると思います。

太陽光設置お任せ隊は、オール電化工事、蓄電池の導入、電気設備のLED化による電気代削減のお手伝いを致します。住宅設備の一新をお考えの方は、是非当社までご相談ください。

 

一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る