メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  北海道地震の大規模停電(ブラックアウト)にみる一極集中型電源の影~自家消費型太陽光発電に高まる期待~

北海道地震の大規模停電(ブラックアウト)にみる一極集中型電源の影~自家消費型太陽光発電に高まる期待~

一覧に戻る

「分散型エネルギー」「自家消費型太陽光発電」に注目が集まっています

2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」によって、一極集中型の日本の電源供給モデルに赤信号がともっています

同震災では、大規模停電(ブラックアウト)が発生
一時、北海道全域で停電し、多くの住民や企業に被害をもたらしました。

そんな中、これからの時代に必要なモデルとして注目されているのが「自家消費型太陽光発電」などの新エネルギーを活用した「分散型エネルギー」です。

一極集中型電力システムは何が問題なのか

今回の大規模停電は、電力需要の半分をまかなっていた北海道電力の「苫東厚真火力発電所」の一極集中が原因で発生したといわれています。
ニュースなどでも目にした方は多いのではないでしょうか。

もう少し専門的に説明すると、電力の需要と供給の大きなかい離により負荷が大きくなって、周波数が低下したことが原因です。

震災発生時、310万kWの電力需要があったとされていますが、その半分以上をまかなっていた苫東厚真火力発電所(全3基)で、始めに2基、次いで1基が停止しました。

電力広域的運営推進機関(OCCTO)の調査資料によると、始めの2基に関してはタービンの揺れを検知して発電が停止し、周波数が低下しましたが負荷遮断によりその後周波数は回復していました。

ところが、更に1基停止してしまい、周波数が再低下。回復は見込めませんでした。
こうして道内の供給が半分まで降下したことで、周波数は一気に下がってしまったというのです。

結果、周波数の低下は同発電所の周囲から北海道全体へと広がっていってしまい、ブラックアウトを引き起こしてしまいました。

これが「一極集中型電源の落とし穴」などといわれる所以です。

世界は「分散型電源」にシフトしつつある

そこでいま、注目を集めているのが分散型電源(分散型エネルギー)です。

分散型エネルギーは、地域に必要な電力を新エネルギーなどを活用してまかなうなど、柔軟性の高い供給スタイルが特徴です。

これまで、需要に合わせて火力発電所などの集中型エネルギーによって供給してきたのとはずいぶん違うことが分かります。

分散型電源にはいくつかの形態がありますが、とりわけ注目度が高いのが「太陽光発電」など新エネルギーを利用した技術です。
これには世界的に高い関心があり、新エネルギーの活用による分散型電源は急速な拡大をみせています。

国内では太陽光発電を利用した「自家消費」に注目が集まる

国内で新エネルギーの代表格となっているのが太陽光エネルギーです。

太陽光発電は、固定価格買取制度(FIT制度)の後押しもあり、一気に普及しました。
これにより、近年設備の価格は大きく下がっており、導入費を抑えられるようになっています

自家消費型の場合、売電を行うわけではありませんから、導入費の回収は電気代の削減によって換算しますが、電気代は高騰しており初期費用が下がっているため、回収までの期間は短縮傾向にあります。

そのため、非常にメリット性が高く、日本では中小企業を中心に工場や倉庫、大型店舗を持つ企業が次々と導入を開始しており、結果的に分散型エネルギーに大きく貢献する形となっています。

→ 自家消費型太陽光発電について詳しくみる 

分散型エネルギーを支える自家消費型太陽光発電の普及に期待

今回の地震では、日本の一極集中型電源の弱さが露呈する形となってしまいました。

そんな中、自家消費型太陽光発電は、経済メリットが高いだけではなく、日本の分散型エネルギーを支える上でも非常に重要な役割を担っていくと考えられています。
中小企業向けの税制優遇なども豊富ですので、今後更なる普及が期待されています。

社会貢献度も高かく、企業側にもメリットのある自家消費型太陽光発電について、ご検討中の方はぜひ当社までご相談ください。

「自家消費型太陽光発電」の導入はぜひ当社にお任せください

自家消費型太陽光発電は、各企業の屋根・屋上・敷地から事業所内へと電気を送るという性質から特別な設計が必要です。

そのため、設置を得意としている業者はまだまだ少ないのが現実です。
自家消費型太陽光発電に慣れていない業者は適切な設計が出来ないだけではなく、コスト面の調整が出来ずに割高になってしまうことが多いためご注意ください。

当社は売電目的の太陽光発電に関してもかねてから個別プランニングを大切にした設計を進めておりましたので、自家消費型太陽光においても低コスト・高品質な設計が可能です。

これまでにも自家消費型太陽光発電や超大型店舗用の太陽光発電を手がけるなど実績が豊富ですので安心してご相談ください。

「自家消費型太陽光発電」に関するご相談はこちらから

お名前 (法人名・担当者名)(必須)
お名前(法人名・担当者名)フリガナ (必須)
居住所(法人住所) (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
設置予定住所 (設置場所がお決まりの方はお書きください)
設置予定場所の図面または公図
(設置場所がお決まりの方はお選びください)
図面が用意できる図面が用意できない
その他補足内容があれば、お書き下さい
他社見積もり・他社でお作りになった図面がございましたら
添付してください。
※写真可 2MBまで
他社でとったお見積り・図面をお送りいただくと、それよりお得なプランをご提案いたします。



うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る