『中古太陽光発電所』の高価買取実施中!

2018年セカンダリー市場活況!中古太陽光発電所の高価買取実施中!

その稼働済み発電所、途中でやめられます!

その稼働済み発電所、途中でやめられます!

・思ったより発電しなかった
・最初は発電していたが、発電量が下がってきた
・一括償却をしたが、タイミングを見て手放したい
・定期的に現地に赴くのが難しい
・防草管理などメンテナンスや維持費が想定以上にかかる
・設備が劣化や破損してしまったが、出費は望まないので自分で直すよりも手放してしまいたい
・新しい投資先が見つかった

こんな理由で稼働中・稼働済みの中古太陽光発電所を手放したいと思っている方はいませんか?

思い通りの発電ができていない発電所や、一括償却等によって既にオーナーにとっての役割を終えてしまっている発電所が増えてきています。

しかしその反面、
「権利付きの土地なら何となく売りやすそうだけど、中古の発電所なんて買ってもらえるの?」
と不安な方も多いようで、なかなか手放せずに「仕方なく」太陽光発電事業を続けてしまっている方もいるようです。

結論を言うと、今稼働している発電所を売却して手放すことは可能です。
ただし、中古ですので買い手にとっての付加価値をしっかりと作っておくことが重要であり、当然「劣化したまま」「故障したまま」では販売できないので、しっかりと発電してくれる発電所に蘇らせる必要があるでしょう。
そういうことを考えたときに、発電所を売る業者選びが非常に大切になってきます。

本当に中古発電所なんて、売れるの?
そもそも中古で売るメリットって?

高い投資価値がある太陽光発電。 これまでは、そのメリット性の高さから「新規発電所」を自分で作ろうという方がほとんどでした。
しかし今、確実に時代はセカンダリー取引にスポットが当たり出しています。

太陽光のセカンダリー取引とは、ずばり中古太陽光発電の売買です。
「え、自分の発電所も売れるの!?」 と目から鱗の方や
「中古なんて、二束三文でたたかれるんでしょ」 と投げやりな方もいるでしょう。

しかし実際、中古売買に関する広告を目にする機会は急激に増えています。 なぜ、急激に太陽光のセカンダリー市場が活発化しているのでしょうか。

その裏には、新しい発電所にはない「中古太陽光だからこそ」という特別な魅力が隠されているのです。

中古の太陽光発電所だからこそ魅力がある!?

最近になって中古の太陽光発電所が世に出回り始めたのは、FIT制度による産業用太陽光発電が開始されてから数年経過したことが大きな理由です。
FITの大きな恩恵を受けるべく発電事業を始めたものの、事業を運用する中で様々な理由から「発電所を手放したい」という方が出てきました。

そこで市場には少しずつ「中古発電所」というものが出回ってきたわけなのですが、ここで中古物件の思わぬメリットが表面化しました。
当然といえば当然なのですが、中古の発電所には新規発電所にはない「売電実績」があります。

これは、これから太陽光発電を始めようという人にとって非常に大きいメリットです。
机上の数字ではない、生きた結果を確認した上で発電所を選ぶことができるわけです。

発電所を手放すために知っておきたい
「売り手メリット」「買い手メリット」

このような背景から、中古の太陽光発電所は売り手の「本当に売れるの?」「安く買われて損しない?」といった不安を良い意味で裏切る結果になっています。

そこで、「それなら自分の発電所も売りたい」という方のために、改めて中古太陽光発電所のメリットを「売り手側」の視点と「買い手側」の視点から見ていきたいと思います。

●中古太陽光発電所の「売り手メリット」

・中古発電所を求めている人が多いので売りやすい

・即現金化できる

・新しい投資の資金になる=投資先を変更できる

●中古太陽光発電所の「買い手メリット」

・売電実績がある発電所を購入できる=安心感がある

・設備が全て揃っているため、わずらわしさがない

・融資がおりやすい

※売電実績があり、未完工のリスクもないことから一般に融資がおりやすいといわれています

より高く売りたいなら、「売り時」の判断も大切

中古太陽光発電所は実はとても売りやすいということはご理解いただけたと思います。 ただし、より高く売るにはやはり「高く売るための条件」や「売り時」もあります。

【高く売るための条件】

・売電実績がある

・シミュレーションより多く売電できている

【売り時は?】

・稼働後、1年経過している物件=まだ新しく、且つ1年分の売電実績もある

・シミュレーションより多く発電しているタイミング

以上の条件下であれば、思いのほか高く売れる可能性があります。

中古太陽光発電所買取 お問い合わせフォーム


(必須)は入力必須項目となります。

売却希望時期(必須) 今すぐ1ヶ月以内3ヶ月以内6ヶ月以内1年以内3年以内
売電開始月 年 

わからない
現在の売電単価 21円24円27円29円32円36円40円わからない
発電所容量 kW
パネルメーカー(不明の場合は未記入で結構です)(必須)
パワコンメーカー(不明の場合は未記入で結構です)(必須)
発電所の場所 北海道東北関東中部関西四国中国九州沖縄
その他の売却に必要な情報がございましたらお書きください。
法人の方は法人名をお書きください。
法人フリガナ
お名前(姓/名)(必須)
お名前フリガナ(姓/名)(必須)
居住所(必須)
電話番号(必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス(必須)
確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


中古太陽光発電所の査定のポイント

それでは、お客様がお持ちの中古太陽光発電所はどのように査定されるのでしょうか?

査定のポイント

1.発電所開発時の土地など調査をキチンと行っているか
2.法律などのチェック事項を適切に処理・判断・管理されているか
3.ホットスポットや影によって発電不足になっていないか、またその発電記録を残しているか
4.養生工事不足や工事の不備はないか
5.設計図書に基づきキチンと施工されているか(設計者がアマチュアではないか)
6.部材の品質が低品質ではないか(今後の発電量の担保)

このようなポイントをクリアしている発電所は、今後の発電もしっかりできる可能性が高いため、市場で高価で買い取りされやすいです。

お客様の発電所も是非こういった観点でチェックしてみてください。

太陽光設置お任せ隊では、お客様の太陽光発電所の査定を無料で行いますので、お気軽に御相談をくださいませ。

中古太陽光発電所買取 お問い合わせフォーム


(必須)は入力必須項目となります。

売却希望時期(必須) 今すぐ1ヶ月以内3ヶ月以内6ヶ月以内1年以内3年以内
売電開始月 年 

わからない
現在の売電単価 21円24円27円29円32円36円40円わからない
発電所容量 kW
パネルメーカー(不明の場合は未記入で結構です)(必須)
パワコンメーカー(不明の場合は未記入で結構です)(必須)
発電所の場所 北海道東北関東中部関西四国中国九州沖縄
その他の売却に必要な情報がございましたらお書きください。
法人の方は法人名をお書きください。
法人フリガナ
お名前(姓/名)(必須)
お名前フリガナ(姓/名)(必須)
居住所(必須)
電話番号(必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス(必須)
確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。


では古い発電所や売電実績がイマイチな発電所ではダメ?

「自分の発電所は結構古いんで、やっぱりダメなんですね」

「シミュレーション結果がかなりよかったのですが、実発電はそれほどでもなかったんです」

と諦めかけている方もいるかもしれません。 このような人はやはり二束三文でしか売却できないのでしょうか。

そうだとは一概に言い切れません。 順に、その根拠をご説明します。

【古い中古太陽光発電所の場合】

固定価格での買取期間のリミットが短くなる分、やはりどうしても価格は安くなります。 しかしその分、これまでの売電で得た収益があるわけですから、トータルで損をするということはあまり考えられません。

【シミュレーションより発電しない発電所の場合】

問題はこちらです。 正直このままでは、高く売るのは難しいでしょう。

ここまでで、買手にとって「売電実績がある」ということがいかに重要であり、メリットにつながるのかを説明してきました。 これは、裏返せば「発電しない発電所を選択肢から外せる」というメリットでもあります。つまり、実発電量の少ない発電所を所有する事業主にとってはデメリットに働いてしまいます。

では、安値で売るしかないのかというと、方法があります。 あなたの発電所は、そもそもなぜ思うように発電しなかったのでしょうか。 いくつか理由は考えられます。

・そもそもシミュレーション値がいい加減だった

・施工がいい加減だった

・適切なメンテナンスができていなかった(劣化・故障している)

多くの業者は、影の影響を無視したシミュレーションを立てています。
陽の光を遮るものが何もない発電所としてのシミュレーションということです。
しかし、実際そんな発電所はほとんどありません。

多くの発電所は何かしらの影に入っており、パネル1枚にかかった影の影響が一緒に並んでいる複数のパネルにまで影響し、発電量を大幅に下げてしまっていることがあります。

こういった場合、当初のシミュレーション結果より実発電が低くなってしまうのは当然です。 ですから、それをしっかりと証明できるもの(正しいシミュレーション)を用意する必要があるでしょう。

また、手抜き工事や手抜きメンテナンスなどの影響によって発電量が落ちてしまっているケースもあります。 こういった場合は、信頼できる業者の手によって発電所を蘇らせる必要があります。

何もせずとも売れる発電所に比べると手間とお金がかかりますが、最終的に発電所の価値が高くなることで高値で売却できる可能性がずっと高くなりますので、諦めずに専門業者に相談しましょう。

稼働中の中古発電所も高価買取!

稼働中の中古発電所も高価買取! 太陽光設置お任せ隊は、既に稼働中の物件を高価買取いたします。
もちろん中古太陽光物件も『現金買取』『スピード査定』『早期成約』を行います。

本来であれば非常に投資価値の高い太陽光発電を「仕方なく」という形で運用してしまっては、やはりもったいないものです。
発電所オーナーになりたいとお考えの方は非常に多いので、無理やり続けている方はぜひその発電所を当社までお売りください。

当社はどんな発電所も高く買い取れるノウハウがあります!

太陽光設置お任せ隊は、古くから太陽光発電に携わってきました。 そのため、どこよりも高く買い取るための仕組みが整っています。

たとえば発電量の低い発電所の場合、メンテナンスなどに必要な「手間」と「お金」の部分は業者が請け負いますので、一般的にその分を考慮した低めの査定価格がつけられます。

しかし、太陽光設置お任せ隊では最終的に発電所を蘇らせられるだけのノウハウがありますので、一般的な業者よりも高値で買い取ることが可能です。

中古物件の扱い経験が少ない業者や、メンテナンスに不慣れな業者の場合、高利回り物件として再生する実力が乏しいことが多く、思ったような高額売却はかないません。
発電してくれない発電所をいつまでも稼働し続けていては宝の持ち腐れですが、だからといって焦って安値でしか買い取ってもらえないような業者に売却するのはもっともったいないかもしれません。
ぜひ、ノウハウのある当社にお声掛けください。


市場活況!『中古太陽光発電所』の高価買取実施中!

当社では、太陽光発電の物件販売に力を入れております。

権利は取得したが、結局始めていない」という権利付きの土地をお持ちの方や
稼働した中古の発電所を手放したい」という中古の発電所をお持ちの方
からのご相談に乗っており、『現金買取』『スピード査定』『早期成約』を実施しております。

『太陽光用地紹介』事業を始めました。太陽光用地の高価買取をいたします! 2017年12月現在、太陽光発電のセカンダリー市場は拡大の兆しを見せております。
しかし、まだまだ前例が少ないため、事業者自身で価格の設定を行うことは困難です。
そのため、売却を行うには太陽光の中古市場に詳しい専門家の助けを借りることは必至でしょう。

弊社では、販売者として、施工者として常にマーケットの動向をチェックしておりますので、売り時を逃さないようにサポートすることが可能です。
売り手市場である今のうちに、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お客様がお持ちの太陽光発電所を査定いたします!


(必須)は入力必須項目となります。

売却希望時期(必須) 今すぐ1ヶ月以内3ヶ月以内6ヶ月以内1年以内3年以内
売電開始月 年 

わからない
現在の売電単価 21円24円27円29円32円36円40円わからない
発電所容量 kW
パネルメーカー(不明の場合は未記入で結構です)(必須)
パワコンメーカー(不明の場合は未記入で結構です)(必須)
発電所の場所 北海道東北関東中部関西四国中国九州沖縄
その他の売却に必要な情報がございましたらお書きください。
法人の方は法人名をお書きください。
法人フリガナ
お名前(姓/名)(必須)
お名前フリガナ(姓/名)(必須)
居住所(必須)
電話番号(必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス(必須)
確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

フリーダイヤル


売却にはタイミングが大事!それは「今」かもしれません

太陽光発電のセカンダリーマーケットは拡大を見せています。
これからますます市場は大きくなっていくと予想されていますが、今はまだまだ物件が少ないのが現状です。

権利付きの土地や中古発電所を売却したいとお考えの方は、今後 完全な買い手市場へと転換していく前に、早めに手放した方が賢明 といえるでしょう。

「あの時、売っておけばよかった……」とならないためにも、まずはお気軽にお任せ隊までお問い合わせください。
既に数多くの太陽光用地や中古案件をお取り扱いしてきた実績がありますので、安心してお任せいただけますよ。



topに戻る