メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 協力業者募集 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法 大阪府低利融資
TOP >  蓄電池への補助金について >  蓄電池の補助金 申請の単位について

蓄電池の補助金 申請の単位について

2015年12月21日一覧に戻る

蓄電池の補助金 申請の単位について

■ その他蓄電池メニュー ■

蓄電池の補助金について 蓄電池の補助金計算方法 蓄電池の補助金申請手続き 蓄電池の補助金申請単位


申請単位の考え方

申請数は、接続申込み先の電気事業者との系統連系申込みごとに行います。
目安として売電メーターの数で考えることができます。


■ その他蓄電池メニュー ■

蓄電池の補助金について
蓄電池の補助金 申請手続きの流れ
蓄電池の補助金 申請手続きの流れ
蓄電の補助金 計算方法


例1:敷地内に系統連系を1系統申込む場合

申請者が、自身の所有する敷地や建物に系統連系を1系統申し込む場合
例1
【その他】
一般企業による建築物一棟への接続など
個人住宅一件への接続など


例2:複数の事業所に導入する場合

同一の申請者が、自身の所有する複数の異なる事業所に導入する場合、事業所ごとに申請を行う
例2
【その他】
異なる所在地に存在する支社への接続など
多店舗展開チェーン店への接続など


例3:同一敷地内に系統連系を複数申込み、それぞれに蓄電システムを導入する場合

同一事業所内に、複数の補助対象蓄電システムを導入する場合、申請者は、系統連系単位で申請を行う
例3
【その他】
同一敷地内の複数のビルへの接続など
独立型二世帯住宅への接続など
賃貸住宅オーナーなど


再生可能エネルギー発電システムによる受付可能時期

太陽光発電設備
一般電気
事業者
出力10kW未満 出力10kW以上~50kW未満 出力50kW以上~500kW未満 出力500kW以上
東京
中部
関西
対象外 対象外 平成27年4月1日以降に接続申込を行うもの(※) 対象
北陸
中国
対象外 平成27年4月1日以降に接続申込を行うもの(※) 平成27年1月26日以降に接続申込を行うもの(※) 対象
四国
沖縄
対象外 平成27年1月26日以降に接続申込を行うもの(※) 平成27年1月27日以降に接続申込を行うもの(※) 対象
北海道 対象外 平成26年10月1日以降に接続申込を行うもの(※) 平成26年10月2日以降に接続申込を行うもの(※) 対象
東北 対象外 <低圧>
平成27年1月26日以降に受付たもの(※)
<高圧・特高>
平成26年10月1日以降に受付たもの(※)
<低圧>
平成27年1月26日以降に受付たもの(※)
<高圧・特高>
平成26年10月2日以降に受付たもの(※)
対象
九州 対象外 平成27年1月26日以降に連系承諾をされたもの(※) 平成27年1月27日以降に連系承諾をされたもの(※) 対象
風力発電設備
一般電気
事業者
出力20kW未満 出力20kW以上
全ての一般
電気事業者
対象外(※) 対象

※ 上記以外でも、電気事業者より出力制御対象とされた再エネ事業は対象とする。また、上記以外の場合は予約申請書に理由を記載すること。


■ その他蓄電池メニュー ■

蓄電池の補助金について 蓄電池の補助金計算方法 蓄電池の補助金申請手続き 蓄電池の補助金申請単位


一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 中古・分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 施工事例 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 風力発電 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法 大阪府低利融資

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る