メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  【土地の買取り強化キャンペーン】10月まで当社最高額で買取!《関東/関西/中部》急募!
土地高価買取キャンペーン開始
土地高価買取キャンペーン開始

【土地の高価買取強化キャンペーン】10月末まで当社最高額で買取!≪関西/中部/関東急募≫

期間限定キャンペーン!
当社最高価格での買い取りを実施!

更に今は太陽光発電事業に必要な申請の締め切り時期。
太陽光発電事業特有の時期的な兼ね合いにより、10月末まで(中部・関東の場合/関西は11月末まで)当社最高価格での買い取りを実施いたします。

新たな付加価値をつけて土地を高価売却!

買い取った土地には「太陽光発電用地」として新たな付加価値を付けて、発電事業主様に売却!
今までとは全く別の客付けを行うため、これまでの査定額とは比べ物にならない価格をご提示することも可能です。

関西・中部・関東圏の土地急募

関西圏の地主様、特に土地が不足しているため今なら更に高額買取が可能です!
マンション・アパート・駐車場経営には不向きとされる田舎や郊外の土地も高価買取が可能ですので、ぜひご相談ください。

こんなお悩みありませんか? 当社にて、現金高額買い取り致します。 土地高額買取り締め切り間近です、お急ぎください。
こんなお悩みありませんか?sp 当社にて、現金高額買い取り致します。sp 土地高額買取り締め切り間近です、お急ぎください。sp

こんな土地探してます!

■200~300坪の土地
■日本全国の土地(関西/中部/関東エリア急募!)
■日当たりの良い土地歓迎!(日照条件は必須ではありません)
■南向きに開けている土地は大歓迎!(南向き以外もOK!)

宅地、山林、農地など地目問わずお問い合わせください!
※一度他社で「農地転用不可」と言われた方も、可能な場合があります。諦めずにご相談ください。

高額査定のカラクリとは?
高額査定のカラクリとは?

■遊休地の多くが「タダ同然」で売買されている!

郊外の土地をお持ちの方の多くが、土地の活用方法が少なく買い手・借り手がつかない現状にお悩みだと思います。

遊休地活用の業者に相談したところで、「この立地ではマンションやアパートにはできませんね」とタダ同然の査定結果しか得られないことがほとんどなのではないでしょうか。

また近年急増しているのが「相続した土地の処分」にお困りの声です。
農地を相続したり、田舎の実家を相続したという方から「農業をするつもりはない」「仕事があるので田舎には帰れない」 というお声が届いております。

■当社が、これまでと全く違う客付けで土地の問題を解決!

このような土地を処分するには、どうすればよいのでしょうか?
おすすめしたいのが、太陽光発電用地としての売却(土地賃貸)です。

これらの土地には大抵、これまでタダ同然の査定結果しか出ませんでした。
しかしこれは、「マンションやアパート、駐車場と言った従来の活用方法に対する査定結果」に過ぎません。

当社にお任せいただければ、あなたの土地を「太陽光発電用の土地」として査定致しますので、これまでとは全く違う査定結果をお出しすることが可能です。

とりわけ、田舎・郊外の土地に関しては、日当たりが良い土地が多く、「太陽光発電には持っていこい」な条件といえるため、かなりの高額査定にご期待いただく事ができます。

査定方法の違い
査定方法の違い

■太陽光用地は完全な売り手市場!

地主様の中には

「太陽光発電って、屋根の上でするんじゃないの? 空いている土地とどう関係があるの?」と困惑されている方も少なくないかもしれません。

しかし、「太陽光発電事業」といって、太陽光発電によって得られた電気を電力会社に売却することで収入を得る事業の場合、屋根ではなく空き地を利用してパネルを設置するいわゆる「野立て太陽光発電」という方法を行うことが主流です。

太陽光発電事業は「固定価格買取制度」という、国から守られた制度下にありますので、爆発的な人気があります。

その結果、土地に関しては「太陽光発電をやりたい人はたくさんいるが、太陽光発電事業に適した土地がない!」という需要オーバーな状況が続いています。

>このような状況のため、太陽光発電用地に関しては“完全な売り手市場”というのが現状であり、「太陽光発電用の土地です」として売り出すだけで、新たな付加価値が付くことになり、驚くような価格が付くことも決して珍しくはないのです。

 

当社で売却いただく3つのメリット
圧倒的な高効率発電所を設計・施工できるノウハウ

太陽光発電所向けの土地買取サービスは、近年増加傾向にありますが、買取価格にはばらつきがあります。

当社は、土地買取から発電所の設計・施工、販売までワンストップで行うことができるため、余計なコストがかからない分、地主様の大切な土地をどこよりも高額買取することが可能です。

圧倒的な高効率発電所を設計・施工できるノウハウ

当社は圧倒的な高効率発電所を設計・施工できるノウハウがありますので、「太陽光設置お任せ隊の設計する発電所を購入したい!」というお客様が後を絶ちません。

買取希望者が常にたくさんいらっしゃる状態ですので、当社としても在庫を抱えるリスクもなく、現金による高額買取を実現できているのです。

当社にてすべて手続きいたします!地主様は予備知識不要!

土地は太陽光発電用地として活用いたしますが、当社にてすべての手続きを進めますので、地主様は太陽光発電に関する一切の予備知識は不要です。

これまで長年土地の管理に困ってきた地主様、基本的には当社に土地をお売りいただいた瞬間から土地が手離れし、固定資産税の負担もなくなります。ぜひご相談ください。

※土地によっては、当社による買取以外にも、発電事業主様への直接売却や土地賃貸などの手法もご提案が可能です。いずれの場合も、当社にて太陽光発電関連の手続きを行いますのでご安心ください。

だから売却するなら今です
土地高額買取り締め切り間近です、お急ぎください
土地高額買取り締め切り間近です、お急ぎください

あなた様の土地を利用することになる発電事業主様は「少しでも高い価格で電力を売りたい」とお考えです。
しかし、年々電力の1kWあたりの売却価格(以下、売電単価)は下がっています。

2018年度の売電単価は18円。この価格での売電が叶うのもあと少しです。この時期を過ぎれば、売電単価は15円まで下がるという予想も出ています。

年度末は売電単価が切り替わる時期であり、電力会社への申請が一気に急増する時期でもあります。

電力会社各社も、18円の売電単価に間に合わせられる期日(10~12月)を設定しており、当社もそれに間に合わせられるよう、「いますぐ」に土地を購入したいと考えております。

売電単価が下がることは同時に土地の価値も下がることを意味しています。
太陽光発電用の用地として高い価値を維持できるのは、限られた期間です。

土地の処分にお悩みの方、せっかくのチャンスを逃すことのないよう、ぜひお急ぎください。

お客様の声

当社は「いますぐ」あなたの土地を買い取りたいと思っています。
何度も業者とやり取りして、挙句二束三文の査定結果しか出なかったという方も、ぜひこの機会にご相談ください。

特に太陽光発電事業に係るの締め切り時期である今は、土地の価値が急上昇中です。
そのため、期間限定(中部・関東は10月末、関西は11月末、その他お問い合わせください)で、当社のこれまでの査定基準より大幅にアップした金額での買取を実施しております。

売却時期が遅れれば遅れるほど、土地の価格も下げざるを得ません。
土地の高価売却をお望みの方は、どうぞ1日でも早くご相談ください。

土地を売るなら今です!どんなことでもまずはご相談を

土地住所 (必須)
土地地目(わかればお選びください) わからない山林雑種地原野宅地その他
土地場所の図面
図面が用意できる図面が用意できない
図面や写真があれば添付してください
※写真可 2MBまで


うまくアップロードできない、またファイルが複数ある場合
直接メールで送る→ アドレス:info@en-reform.com
FAXで送る→ FAX:06-6537-5340


お名前 (必須)
お名前フリガナ (必須)
居住所 (必須)
電話番号 (必須)
連絡可能時間帯
メールアドレス (必須)
その他内容詳細


太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る