メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  太陽光発電~リスクとサポート①~

太陽光発電~リスクとサポート①~

一覧に戻る

台風15号に見る、太陽光発電のリスク

2015年8月24~25日にかけて主に九州地方を襲った大型の台風15号。電柱や街路樹などがなぎ倒されたほか、多くの家屋や施設に被害が出ました。

そんな中、太陽光発電所が転倒したり崩壊している写真画像がインターネットでも多く拡散されました。

台風被害1 台風被害2

台風被害3 台風被害4
※イメージ画像 出典:一般者社団法人資源エネルギー再生支援協会

こういった画像の出回りなども影響し、今回のことから太陽光発電のリスクがあらわになったという声もあります。ですが、本当にすべての太陽光発電設備が危険なのでしょうか。

台風から見えてきた太陽光のリスクとサポートについて、全3回に亘ってお送りいたします。


非常時にこそ、業者の施工力が現れます

はじめに、私たち『太陽光設置お任せ隊』は九州での施工も行っておりますが、これら含め当社が全国で施工した設備において、今回の台風による被害報告はゼロでした。

ニュースやインターネットの情報を見て不安になった事業主様も多いと思いますが、報じられたような例はほんの一例です。実際はほとんどの発電所がいままでと変わらず安定的に発電を続けているのです。

では、どういった設備の場合、自然災害へのリスクが高いのでしょうか。
それは、第一に施工力に起因しています。ずさんな工事が行われているシステムの場合、今回のような大きな自然災害が起こった際に工事のもろさが表面化してしまうのです。

また、そのようなずさんな工事を行う業者に限って、保証の内容も不安なものが多いのも現実です。

ですから、優良とは評しがたい業者に施工を依頼してしまった場合、大型台風などが襲った際には相当ひどい倒壊・崩壊が起こることは容易に予想され、さらに、その状況で保証がしっかり下りないということにもなってしまうなど、ダブルパンチ状態となってしまうのです。

※保証の詳細については、連載第2回にてお伝えする予定です。


当社の設置した設備に被害が出なかった理由

一方で、先ほども述べたようにほとんどの太陽光設備は台風の後も正常に運転を続けていますし、私たちが施工した設備にも被害報告は出ておりません。

今回のような大きな台風においても、当社の設置した設備がしっかりと安全性を保つことが出来た理由をご紹介します。


風圧規制を厳守
発電所の設置に対しては、自治体ごとに風圧規制が設けられています。風圧規制は地域の特性などをもとに敷かれているものです。ですから、設置の際にはこの規制をしっかりと厳守しております。


適切な基礎の選定

私たちは「土地・地盤調査」を必須としております。地盤の固さにより適切な基礎は異なります。どんなに価格が安くて検討していただきやすい基礎であっても、その土地や地盤に適していない基礎のおすすめは行っておりません。


設置条件を考慮し適正なアドバイス

設置条件を調査し、リスクが高いと判断された場合にはしっかりとご依頼者様に説明を行い、おすすめ出来ない旨をお伝えするように徹底しています。


基礎について

基礎には種類があり、先程も少しご説明しましたが、基礎に関しては土地条件ごとに適正なものが異なります。

「どれが優れている」ということではなく、適正かどうかで判断するのが大切です。基礎を選ぶ際に重要なのは地盤条件なのですが、仮に弱い地盤であっても最適な基礎を作ることが出来れば被害を最小限に抑えることが可能なのです。


経済的で強い基礎をご検討の方のために

『太陽光設置お任せ隊』では、この度新たに「プラベースモールド」という基礎の取り扱いも開始いたしました。プラベースモールドは野立て太陽光発電システム用の基礎として開発された製品です。

沈下、引き抜きに強く、簡単に施工が出来るうえローコーストですので、大変注目されています。


※出典:一般者社団法人資源エネルギー再生支援協会


価格も安心も、自信を持ってお届けします!

「売電価格も下がっているし、できるだけコストは削減したい」という事業主様のお考えは当然のことだと思います。だからといって、安全性までカットするわけにはいきません。

私たち『太陽光設置お任せ隊』は、そんな事業主様の不安が少しでも解消されるように、安さも品質も両立できるよう日々努力しております。

自然災害の多い日本。少しでも価格を抑えながら、高品質で安全な設備を導入したい方は、私たちにお任せ下さい!

※第2回では、自然災害に対する備えについてお伝えする予定です。


●連載企画「太陽光発電~リスクとサポート~」全3回
>>連載企画「太陽光発電~リスクとサポート~」(第1回)台風15号に見る太陽光発電のリスク
>>連載企画「太陽光発電~リスクとサポート~」(第2回)自然災害に対する備え
>>連載企画「太陽光発電~リスクとサポート~」(第3回)ネットで見る太陽光のQ&A

一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る