TOP >  太陽光パネルの品質の違いを説明します

太陽光パネルの品質の違いを説明します

2015年7月31日一覧に戻る

太陽光のパネルメーカーは国内外に数百社以上あり、それぞれパネルごとに違いがあります。今回お伝えするのは、保証内容などといったメーカーの定める制度面での違いではなく、パネルの違いです。よく「パネルの品質が違う」とか「このパネルは○○に優れています」とった案内をされると思うのですが、そもそもなぜこのような差が出るのでしょうか。

パネルの種類

パネルには、大きく分けて5種類あり、それぞれ発電効率や影や熱への強さ、コストなどに違いがあります。

●単結晶

シリコンが含まれるケイ石という原材料を加工し、加工後のかたまりを切り出します。切り出したものをセルと呼びますが、セルを組み合わせると単結晶の太陽光パネルになります。

そのためシリコン原子が規則的に並んでいて非常に純度が高く、シリコンの力を最大限に発揮することが可能で、現在最も高い変換効率であると言われています。パネルの表面には切れ目などがないため、見た目の美しさも持ち合わせています。反面、高純度シリコンのため、コストが高いというデメリットもあります。

●多結晶

単結晶の製造過程で、シリコンの粒が発生します。これらを集めて加工したものが多結晶シリコンです。つまり、小さな結晶の集まりからできているシリコンであるため、単結晶よりも発電量が劣っています。また、パネルの表面にはまだらな模様が入り、美しさの面で劣っていると言われています(人によってはこのまだら模様が好きという方もいるので一概には言えませんが)。

ですが、単結晶よりもコストがかからず、大量生産が可能という大きなメリットもあります。

●アモルファス

不規則な原子配列になっているのが特徴です。結晶シリコンよりも光の吸収性が良く、これまでは電卓などに採用されてきました。太陽光による劣化が弱点でしたが、技術が進歩したことで屋外用も流通し始めました。高温時でも安定した発電効率を維持することが出来ます。非常に薄く、曲げることも可能で、自由な形状にできることが特徴です。大量生産によるコストダウン化を図ることが可能です。

●ハイブリッド

単結晶とアモルファスを組み合わせたものです。単結晶シリコンをアモルファス薄膜で挟み込んだ形状をしています。ハイブリッドタイプの一番の特徴は電気変換効率の高さにあります。これは、結晶シリコンが長い波長の光を、非結晶シリコンが短い波長の光を吸収するためです。

加えて、アモルファス特有の高温時での高いパフォーマンス性にも期待が出来ます。太陽光という強いエネルギーを受けるパネルですから、そもそもの発電効率の良さにプラスアルファ「高温に強い」というのは大きなメリットです。

まだまだコスト面での努力が必要ではありますが、今後に期待の出来るタイプだと言えそうです。

●CIS

主流であるシリコンを使わず、銅(Copper)/インジウム(Indium)/セレン(Selenium)を主成分に構成された化合物半導体によって発電するため、ローコースト。高温時でも変換効率が低下しにくく、影の影響も受けにくいのが特徴で、落ち着いたパネルの色合いにも注目されています。

ただし他と比べて変換効率が低く、広い設置面積がひつようであるなど、まだまだ研究途中という側面もあります。

特徴
メリット
デメリット
代表メーカー
シリコン系 結晶系
単結晶
・歴史と実績を持つ太陽電池
・シリコン原子が規則的に並んでいて高純度
・1つの大きな結晶からできている
・パネルの表面に切れ目や割れ目がない
・最も発電効率が高いとされる
・歴史があり、信頼性が高い
・表面が美しい
・高額
・高温下での変換効率低下が大きい
シャープ、三菱、東芝、サンテック、カナディアンソーラー
多結晶
・細かな結晶を組み合わせて作ったもの
・再利用シリコンなどが使われ、大量生産が可能
・小さな結晶の集まりからできている
・パネル表面になまだら模様が見られる
・単結晶の次に発電効率が良い
・単結晶よりもコストパフォーマンスが高い
・高温下での変換効率低下が大きい
・表面の美しさが劣る
シャープ、三菱、京セラ
アモルファス
アモルファス

(薄膜)
・非常に薄く、柔軟性がある
・シリコン原子の配列が不規則
・光による劣化がおこるため、劣化後の出力を表示
・温度が上昇しても出力低下が少ない
・高温時の発電効率が安定している
・大面積の大量生産が可能
・円柱やスロープとなど設置場所が多様
・結晶タイプに比べ、発電効率が低い
ハイブリッド
・単結晶+アルファスの組み合わせ ・発電効率が良く、高温時にも安定しやすい ・高コスト パナソニック
化合物系
CIS
・シリコンを使用していない
・銅(Copper)/インジウム(Indium)/セレン(Selenium)を主成分に構成された化合物半導体によって発電
・安価
・薄膜化も可能
・高温時でも変換効率が低下しにくい
・影になっても発電量が落ちにくい
・比較的出力が安定している
・多結晶と比べ変換効率が3~6%程度低い
・設置面積を広く取る必要がある
ソーラーフロンティア

パネル選びのご相談もお気軽に!

このように、太陽光パネルには様々な特徴を持った製品があります。発電効率・コスト・見た目の美しさ・薄さ・高温への強さ・影への対応性など、それぞれに突出したメリットやデメリットがありますので、設置場所の条件に合わせて適切なパネルを選ぶようにしましょう。

ただし冒頭にも述べましたように、太陽光パネルの選定基準は他にも保証内容などその他の側面も絡んできますので、まずは専門家にご相談いただき、アドバイスを受けられることをおすすめします。

ハウスプロデュースは設立から20年の豊富な経験を持っております。太陽光パネルでお悩みの方は、『太陽光設置お任せ隊』へお気軽にお声掛けください。

一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 中古・分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 施工事例 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 風力発電 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法 大阪府低利融資
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る