TOP >  悪徳業者に注意!太陽光発電業者の業者選びのポイント

悪徳業者に注意!太陽光発電業者の業者選びのポイント

2015年7月24日一覧に戻る

家庭用太陽光パネルを設置する際、400万程度の初期投資が必要だと言われています(目安となる10kWの発電しようと思う場合)。一般の家庭にとって相当インパクトの強い金額だと思います。これだけの投資をするのですから、ぜひ注意していただきたいことがあります。それが、業者の選定です。

2012年に固定価格買取制度が開始されたのをきっかけに、太陽光発電業界は活気を見せ、結果的にあまりありがたくない業者も「おいしい商売だ」と参入してきたのが現状です。

本来、太陽光発電を始める際、とても大切なのはパネルメーカー選びです。ですが、これは一般の方にとって容易なことではありません。ですから、業者の知識と技術に任せるしかなく、だからこそ皆様には慎重に業者を選んでいただきたいのです。

こんな業者は注意! 業者選びのチェックポイント

では、どのようにして業者を選べばよいのでしょうか。以下に「注意した方がよさそうな業者を見極めるポイント」をピックアップしました。ただし、必ずしもすべてが悪徳な業者に当てはまるわけではありませんので、あくまでも参考程度にご覧ください。

□訪問販売

今はだいぶその数は減りましたが、太陽光発電の訪問販売は要注意です。通常よりも高金な工事費用を示されるケースが少なくありません。

□倒産リスク

太陽光発電はメンテナンスが必要であり、一度設置すると長い付き合いとなります。メーカーの保証を受けたいときには、業者を介して依頼をするのが一般的ですが、いざ何かあった時に施工会社が倒産していたらとても面倒です。設備の耐用年数などを考えれば、この先20年はつぶれない会社を選ぶ必要があります。なかなか見極めが難しいとは思いますが、例えば設立年数を確認したり、太陽光事業をいつから行っているかなどをチェックすることをおすすめします。

□他業界から参入した業者ではないか

上記とも重なるのですが、突然太陽光発電業界に参入してきた業者には注意をした方がよさそうです。というのも、住宅用太陽光パネルのトラブルトップは雨漏りだと言われています。それは、屋根の上にパネルを設置するためです。屋根に上がり、屋根に穴をあけて施工します。ですから、長くこの事業を行っていて屋根についての深い知識と、確かな施工技術を持っている業者に依頼することが大切です。

特に注意していただきたいのが「かつてはオール電化を専門にしていて、今は太陽光発電もしている」という業者です。どちらも、時代と共に盛り上がった事業内容ですので、専門知識がないまま参入した企業も少なからず存在しているのです。

□やたら1つのメーカーを推してくる

業者ごとに、自分たちが一番利益が出るパネルというものが存在しています。ですから、自らの利益ばかりを追求するような業者は、施主様に一番適したパネルよりも自分達が儲かるパネルを執拗なまでにすすめてくることがあります。

ご相談者様に寄り添ったご提案を致します!

以前もこちらでお伝えしましたが、ご家庭で太陽光発電を始める際に大切なことは「屋根を知っている」業者を選ぶことです。屋根の形状、材質、設置方位などにより、コストも発電効率も大幅に変わってしまうからです。そしてそれらの知識を以て、施主様に最も適したプランを提案してくれる業者を選ぶようにしてください。当社は、大阪市のリフォームマスターに登録されております。太陽光発電に関することでしたら、どんな些細なことでも安心してご相談ください。

一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 中古・分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 施工事例 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 風力発電 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法 大阪府低利融資
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る