メイン
メニュー

太陽光発電
価格関係

当社独自の
過積載

太陽光発電
部材・工事関係

太陽光発電
活用法

改正FIT法に
関して

買取します

その他
メニュー

税務・資金相談


最新記事

ソーラーシェアリング 電力自家消費 蓄電池 設置架台一覧 農地転用 税務相談 資金準備の方法
TOP >  自宅用・家庭用に太陽光発電システムを設置しよう

自宅用・家庭用に太陽光発電システムを設置しよう

一覧に戻る

ご自宅に太陽光を設置しよう

皆様からのご相談の中でも特にお声が多いのが「屋根の上への太陽光パネル設置」について。今回は、そんな皆さんの家庭用太陽光発電システム導入に向け、その入門編として知っておきたいポイントを押さえていきます。

 

太陽光パネルを設置するメリット

売電収入を見込んで設置される方も少なくないと思いますので、まずは元が取れるまでにかかる期間をお伝えします。家庭用発電の場合は元を取れるまで10年はかかるといわれています。長いと感じますか? 実は、一般家庭での太陽光発電において、最もメリットとなるのは「売電収入の有無」よりも「電気代を下げられること」と言われているのです。

電気代は上がり続けています。このまま上昇が続いた場合、自分の家で発電した電気を使えるということは、電気代の節約にかなり貢献することができる、というわけです。10年間で元が取れるというのも、今の電気代で換算した場合ですので、電気代が上がり続けた場合はそれよりもっと早く元が取れる可能性も考えられます。

 

ところで初期費用は?

「設置してみようかな……」という方がなかなか踏み込めない理由が、初期投資だと思います。家庭用太陽光パネルの場合、1kWあたり40万円程度といわれています。ですから、家庭用の目安となる10kW発電しようと思う場合は400万程度となります。

 

気を付けたい点

これだけの金額をかけるのですから、気を付けて頂きたいのが「発電効率」です。
前回のコラムでもお伝えしましたが、パネルのサイズはメーカーにより様々。選ぶパネルによっては設置できる枚数が異なってしまい、発電量に大きな差が生まれてしまいます。
そこで重要になるのが「屋根を知ること」なんです。

 

あなたの屋根のタイプは?

みなさんのご自宅の屋根はどんな形をしていますか。
……と突然聞かれて、パッと答えが出てくる方は少ないものです。
太陽光パネルを設置してみたいと思っている方は是非、一度ご自身の家の屋根を見上げてみて下さい。

漫画でよく見る三角屋根、片側一方の斜め屋根、傾斜のない平らな屋根、四面が寄り添ったような形の屋根など、様々な形状の屋根が存在しています(それぞれ専門的には「切妻」「片流れ」「陸屋根」「寄棟」と呼ばれています)。

この形状の違いによってコストや発電効率が変わってきます。最も効率よく発電できる形状は「一番広い面積で太陽光を受けられる形状」です。例えば、先に述べた妻屋根や片流れ屋根はその点では向いているといえると思います。

陸屋根も面積の面では問題はないのですが、ある程度の角度(最適な角度は30度)が必要ですので、角度をつけるための架台を設置する必要があり、コストは少しかかるかもしれません。

屋根の構造を知ろう

 

さて、先ほどご自宅の屋根を見て下さいと言いましたが、ぜひそのついでに屋根材もチェックしてみて下さい。屋根材とは、幾重にも重ねられて成り立っている屋根の一番上に使われている素材。屋根の断面を一番下から見ていくと、一番下には骨組があり、コンパネ、防水シート(ルーフィング)、と続き、一番上に乗っているのが屋根材なのです。

屋根材には瓦やスレート(カラーベスト・コロニアル・ストレートとも呼ばれます)、金属、銅板などが利用されています。それぞれの屋根材に応じた施工方法がありますので、何も知らずに設置してしまうと、安全面での問題が生じてしまいますので注意が必要です。
※屋根材によっては、太陽光パネルの設置ができないものも。それが「銅板屋根」と呼ばれるものです。ただし、銅板屋根は神社仏閣等で用いられることが多く、一般の住宅に使われているケースは極めて少ない屋根材と言えます。

方位ももちろん大切

 

南向きにパネルを設置するのが最も発電効率が良いことは想像がつくと思います。次に発電効率が高いのが南西と南東で、次いで北東と北西です。北側でも南向きの60%近くまでは発電できるといわれています。

「うちの屋根は向きが悪そう」とお悩みの方も、検討の余地は充分にありますので、諦めることはありませんよ。

最後に

 

ご家庭で太陽光発電を始める場合、一番のポイントは「屋根を知っている」業者を選ぶことです。屋根の形状、材質、設置方位などを知っている業者を選ぶことで、コストも発電効率も大幅に変わってしまうからです。

残念なことに、近年これらの知識がない業者の参入が増えています。太陽光パネルは屋根の上に乗せるわけですから、屋根に穴をあけて設置工事を行います。
私たちのもとに寄せられる相談にも「太陽光パネルを設置してから雨漏りをするようになった」というお声が多くなっています。

そういった業者を選ばないための一つの目安は、特化事業が住宅関連かどうかという点。もちろん全てがそうではありませんが、他業種から突然この産業へ手を広げた業者の中には、施主様にとってベストではない設備を設置してしまうケースも多々あります。
当社は大阪市のリフォームマスターにも登録されていますので、安心してまずはご相談いただけたらと思います!

一覧に戻る

太陽光発電価格関係

太陽光プラン一覧 産業用(10kW以上)価格 家庭用(10kW未満)価格 分譲太陽光発電 売電利益・出力制御補償

当社独自の過積載

過積載の仕組み シミュと利回りの考え方 発電障害の注意喚起

太陽光発電部材・工事関係

キット・分離発注 架台のみ販売 工事のみ依頼 災害に強い基礎工事

太陽光発電活用法

ソーラーシェアリング 農地転用 カーポート

改正FIT法に関して

事業計画認定 みなし認定 FITと電力小売自由化 電力用語集 経産省からのハガキ通知

買取します

土地高価買取 中古発電所買取サービス

その他メニュー

蓄電池 電力自家消費

税務・資金相談

税務について 資金準備の方法

会社概要・個人情報保護方針

会社概要| プライバシーポリシー
Copyright (c) 2015. House Produce co.,ltd. All Rights Reserved.
topに戻る